プレ花嫁のあれこれ

17年4月23日に婚約、2018年5月に挙式予定。浮かれ気分を好きに書き連ねる忘備録。プレ花さん・卒花さんと情報交換したいです。

初めての2人旅(観光編)~福岡・長崎・ちょっぴり熊本~

お盆にすけちゃんと初めての旅行に行ってきました。

 

福岡・ヤフオクドーム

すけちゃんの好きな野球観戦にヤフオクドームへ。

せっかくだから楽しもうと、ホークスユニを手配するもののすけちゃんのだけ間に合わず。なぜかまったく野球に興味ない私だけ鷹ガールのユニを着て挑みました。

ホークスが投手戦を制して1-0の渋い勝利。相手が日ハムだったから大谷見れてすけちゃん嬉しそう。後ろのおばちゃんに中村晃のピンバッジもらえて私も嬉しい。

 

 

福岡・志賀島 

福岡って意外と観光地ないみたい。せっかくだからドライブがてら志賀島へ。

金印が発掘されたとこだけど、金印自体はどこかの博物館にあるらしい。

海が綺麗で足だけ浸かったり、貝殻拾ったりしました。海水浴場のすぐ横にも入れるところがあって、空いているから泳ぐのではなく写真が撮りたい、少し水に触りたいくらいならそっちがいいかも。とはいえ海水浴場も千葉とかのようには混んでません。

 

福岡・太宰府

もはや記憶にない。

 

長崎・大浦天主堂

信徒発見があった場所。200年以上も密かにキリストを信じて代々受け継がれるってすごい。信仰って強いものなんだなあ。でも、何がそこまで信じさせるのか私には到底理解が出来なさそうです。いまだに現役で使われているからかな。観光地だけど観光地化していなくて、なんとも厳かだった。マリア様の像はすごく綺麗。天主堂を背景にピースする気になれなかった。

 

長崎・グラバー園

 もう疲れ切っていた。♡ストーン見つけるのに躍起になった記憶しかありません。

 

長崎・眼鏡橋

綺麗に水面に映ってメガネになってた。インスタ映え~な場所だった。

 

島原島原城

キリシタン関連の展示物が多くて、城を見たというよりは博物館に来た感じ。

バテレン追放令を受けてキリシタンが罰せられていくのに、棄教せずに殉死していくさまとか。信仰についてひたすら考えさせられました。わざわざ聖母子像を仏様に似せて彫って信仰を続ける健気さとか、どこからやってくるのだろう。

途中までキリシタンを受け入れていたはずの秀吉がなんでバテレン追放令出したのかな?とか、調べてみたい背景がたくさんありました。

 

熊本・熊本城

震災の被害がまだ目に見える形で残っていました。崩れた石垣に、柱のみでなんとか建っている櫓など。それを復元するために崩れた石一つ一つを並べて、強度を調べて、記号をふって管理しているところも見られました。

震災後にその地域に足を運んだことって実はなかったんだな、と。気軽な気持ちで入った熊本城の惨状を見て言葉を失うってこういうことか・・・と実感。

これまた城を背景にピースする気にはなれず。募金箱見つけたらお金いれよ。

 

感想

 

意外と感受性豊かなのか、旅行から帰ってきても「信仰とは・・・」とか考えてしまってます。眉間に皺寄せながら見学しました。

私たちは商用チャペルではなく教会で挙式する予定なので、できる限りキリスト教の背景や信仰の内容を知って、講義を受けてからやりたいな。

私も無宗教状態だけど、結婚って何かに誓いを立てるものだと思う。結局は自分自身に誓いを立てるんだろうけど。それを目に見える形・儀式として宗教の力を借りるという感覚でいます。

自分なりに信じられる部分とか大切にしたい部分とか、キリスト教の教えのなかにあるんじゃないかなって思うので、ちょっと勉強しよっと。

楽しいだけじゃない旅行になってよかったな~。