プレ花嫁のあれこれ

17年4月23日に婚約、2018年5月に挙式予定。浮かれ気分を好きに書き連ねる忘備録。プレ花さん・卒花さんと情報交換したいです。

レストランウェディングの落とし穴

ダイエットに雑記ばっかりのブログになってしまったので、たまには結婚式に触れてみようと思います。

 

私たちの希望 
  1. 40~50人の少なめの式
  2. ゲストの負担が少ない(金額・場所)
  3. 料理が美味しい
  4. 過度な演出・余興はなし
  5. こじんまり・アットホーム
  6. でも、結婚式らしさは失わない
  7. 自己負担金100万円以下

こんな要望を実現するなら『会費制レストランウェディング』なのでは?!?!

と思った私は、ひとまず私たちの地元近辺でレストランウェディングをやっているところをピックアップして行ってみることにしました。

 

AW kitchen

 

 

1件目に伺ったAWkitchenさん。東京郊外にあるこのお店。

中庭が大きな窓ガラスから見えて、ガーデンで人前式もOK。

店内はナチュラルな雰囲気で素敵だし、料理もまずまず。

ただ、アクセスが悪いのと店員さんの質がそこまでよくないと感じました。

 

いきなりの落とし穴

 

店内の見学をさせてもらって具体的な話を聞いていくと、見積額は70万円程度で問題なし。むしろ安い。とか思っていたら、衝撃の事実が・・・

「料理のサーブ・飾り付けなどは協力できますが、あくまでレストランの範疇でのお手伝いになります」と。

私たちはてっきりレストランウェディングをやっているレストランは、いわゆるプランナーさんと同じことをやっていると思っていたんです。 

※そういう仕組みのレストランもあります。ただ、その分割高です。

つまりこの見積もりには会場使用料と飲食代しか入っていないということ。どうりで安いわけだ。

聞いてみるとここで披露宴をする人の9割がプロデュース会社の介入・1割が全部自力とのことでした。

 

結論として

正直、自力でドレスさがし・テーブル装飾etcをやる自信がありませんでした。

なにせ私たちは結婚式の素人。これといって力になってもらえそうな人に縁もありません。そういうわけで、以下4つの選択肢まで絞りました。

  1. レストランウェディング×プロデュース会社
  2. 専門式場
  3. ホテル
  4. プランナーのいるレストラン

式場やホテルはとにかく高い!というイメージがあったので避けていたのですが、プロデュース会社を入れるなら結局式場で挙げるのも同じじゃない?と思ったので、候補に復活させました。

無知ゆえいきなり躓いた結婚式準備、今後も続報を書いていきたいと思います♪