プレ花嫁のあれこれ

17年4月23日に婚約、2018年5月に挙式予定。浮かれ気分を好きに書き連ねる忘備録。プレ花さん・卒花さんと情報交換したいです。

すけちゃんは聖人

体重爆増からやたらと仕事が忙しくなり、ブログ書けませんでした。

仕事の暇な時間にブログを書くというダメ人間なので、合間がないと書けません。

無事に体重はもとに戻りました。現在61.70kg。あと4日で61kg切れるのかなあ・・・。

頑張ります。

 

さて、昨日の晩すけちゃんと喧嘩をしました。

超超くだらないことですが、私が怒って昨晩からすけちゃんとは口をきいてません。

 

すけちゃんとの喧嘩のパターン

すけちゃんは何事も言葉にしません。それで色々な誤解が生じます。その誤解で私がブチ切れ⇒すけちゃんがしょんぼり⇒私怒り続ける⇒すけちゃん黙って気まずそうに横にずっといる⇒私余計イライラ⇒すけちゃんじっと横にいる⇒この変な空気がめんどくさくなって私が喧嘩の原因について話し合う⇒仲直り

だいたいこのパターンで、月に一度くらい喧嘩してます(生理周期・・・?)

 

すけちゃんは悪意がない

すけちゃんはとても寛容です。悪意というものがありません。怒ることがなく、とにかく優しいです。だからなのか?人に対しても寛容を求める節があり、指摘されるまで何が悪いのかわからないことが多いです。

例えば、私に外で1時間待ちぼうけをくらわせても気付きません。自分が外で1時間待ちぼうけしても気にならないから。

 

でもさ、悪意に見えるよ

昨日私がふてくされて、すけちゃんと食卓を共にしませんでした。すけちゃんが食べ終わったら食べるって言ったら、じゃあ先食べてと譲られました。わかったと先に食べていたら、すけちゃんが寝ました。すけちゃんが用意してほしいって言ったからご飯作って待っていたのに食べずに寝るなんて、私がふてくされてるのに対抗してふて寝してるんだな~って感じました。

でも、まったく悪意ないそうです。顔を合わせたくないんだろうから、寝た方がいいと思ったそうです。私には悪意に見えました。

 

罪悪感と正当さ

私がすけちゃんに激怒するとき、いつも罪悪感と隣り合わせです。「きっとすけちゃんならこんなこと怒らないんだろうな」って。でも、私がめちゃくちゃ理不尽に怒っているかといえば、そうとも思えないのです。すけちゃんも理不尽さは一度も感じたことがない。言われることはいつも正当だと言います。

 

喧嘩するほど仲がいい?

私は月1ペースで怒るくせに喧嘩が嫌いです。すけちゃんは「怒ってほしい」「意見を言ってほしい」と言います。その方がお互いを理解できるからと。

でも、私は喧嘩する必要をひとつも感じないのです。喧嘩せずにお互い歩み寄れるのがベストだと思うんです。喧嘩すると、色々消耗します。すけちゃんは怒らないし、注意されたことを反発せず受け入れるから何も消耗しないのかも。

 

受動的な執念

私が激怒したら、すけちゃんはとにかく私の隣で黙ってじっとしています。ずーっと家の中は重たい空気です。私は耐えられないから、寝るなり出掛けるなりします。それでもひたすらすけちゃんは隣をキープしてじっとしています。外に出ても着いてきます。私は重たい空気解放したいから離れるのに、堂々巡り。じーっと横にいてどうやって仲直りする気なんだろう。自分から発しはしないけど、ひたすら執念でじーっと着いてきます。いつも私がそこで根負けして、怒りながら仲直りします。

 

今度こそは

今回の喧嘩は私も根負けせずにすけちゃんから仲直りしてもらうんです。アイスの一つでも買ってきてごめんね、気を付けるねとかしてくれたらいいのにな。

ひたすら横でじーーーーーーはやめてほしいのです。でも、きっと私が根負けするんだろうな。でもでも、今回は私もねばってやるんだ。

乞うご期待。